事務用品のレスキューかも

ブログを書くのが久しぶりで何から記事にしていこうか

考えていたところ、あるお客様のところで

こんな御相談を戴く事がありました。

『この事務用椅子のキャスターが滑りが悪いので部品を探して欲しい』

椅子をひっくり返してキャスターの状態を見てみると

 

ゴムのキャスターが斜めになってこれでは動かない筈だと確認する事が出来た。

キャスターの部品が取れるか事務用椅子の底面にある

品番などを写真で控えていった

お客様の話によると購入後10年との事だった

大体の場合はその品物が廃盤後数年で部品が無くなる可能性が高かったのですが、

店に戻りメーカーに確認したところ品物があるとの返答が、

さすがライオン事務器といいたくなる。

受注後2週間の納期が掛かったが

お問い合わせを頂いた事務用椅子は新しいキャスターを付け替えて、新品の様に生き返った。

最近は、壊れたら買い換えとの風潮がありますが

良い品物は修理しながら長く使えるほうが良いなと思う一件でした。

まあ、こんな事を書いてしまうと商売上がったりなのですけど・・